未分類

自分のことをダメだなんて思わないで!何とかなると上を前を向こう!

「自分なんてどうせ…」とか、「自分なんて大したことないよ」とか思うことありませんか?

日常的に思っていなくても、例えば仕事で失敗した時とか、誰かに否定されたときというのは特に、「自分は何てダメなんだろう」と思ってしまいがちだと思います。

 

特に日本人と言うのは頑張り屋さんが多いです。勤勉化というか、努力家というか、まじめなんですよね。

それがポジティブな方へ振り切ればよいのですが、ネガティブな方を重視していると「間違いや失敗を犯したときに自分自身を責めすぎてしまう」ということが大いにあります。

 

「自分自身をダメと思わないようにするにはどうするか」について考えてみました!

 

スポンサードリンク

自分自身をダメと思う=自己評価が低い

多くの場合、自分自身をダメと思いやすい方は、自分自身に対する評価基準が異常に高いか、もしくは評価を低く見積もりすぎている場合があります。

他人を比較して、自分はここがだめだ、というのが見つかりやすい。

自己否定に走りがちになってしまう。

 

この時、他人を軸にしていると、自己評価を低くしてしまいがちです。

どうしても他人のことをずっと気にしていないといけなくなりますから。

 

且つ、人のことを過大評価してしまいがちにもなるんですね。

本来のあの人はそうでないかもしれないけど、余計に魅力的に見えてしまう、とか。

 

それで、自分はやっぱりダメだ…と考えてしまいがちになるのです。

 

本当は、相手がどうこうでもなく、相手に勝っているとか負けているとかでもなく、自分自身だけを見ていればいいのに。

 

スポンサードリンク

ダメな部分を見るのではなく自分のやり方を信じる

ダメと考えている部分と言うのは、ある面からすればよい部分にも見えそうなのですが、ダメだと思っている自分にとってはなかなかそううまくもいかないものです。

この場合は、ダメな部分であることはたまたま今までは上手くいかなかっただけ、それまでの環境では上手くいかなかっただけと捉えるのも大切です。

 

要は、そのやり方でも輝ける場所が必ずあるんですよね。

自分のやり方でも可能な場所、もっと頑張りたいと思える場所で頑張ればよいのです。

 

こうやって自分自身への捉え方を変えたり、思い切って自分が生きる場所を変えたり環境を変えたりすると、自分自身への評価も次第と良い方向へと向かいます。

そして、自己肯定が高まっていけば行くほど、他人のことなんてどうでもよくなります。

だって自分自身がやっていることに夢中だから。

 

周りの人を見たら、すごく輝いている人もいるかもしれません。

でもその人はその人なりに苦労もしているし、いろんなことで頑張っているのです。

 

完璧な人もいませんし、過去も未来もどこにでもそんな人はいない。

もしいるとしたら、自分自身、あなた自身です。

だってあなたはやろうと思えば、いつだって変われるのですから。

 

ちゃんと目の前の出来事に対応して、変わることができる人間は、本当に素晴らしいと思います。

テキストのコピーはできません。