未分類

無駄なことなんて一つもないから大丈夫!

人生生きていると、たまに過去を振り返る時があります。

そのとき、あぁあれは無駄だったなぁとか、意味なかったなぁとか、思うことってあると思います。

指で数えられるくらいでおさまらない人も多いのではないでしょうか。

 

ただ、その時はそう思えても、また時が経てば、あの時のあれがあったから…とプラスに思えることも多々あるものです。

 

今回はそんな風に、過去に無駄なことは一切ないということを。

 

スポンサードリンク

無駄なことなんて一つもない

いきなり核心ですが、まさにこれです。

過去に無駄なことなんて一つもない。

 

一時、無駄だと思えることはあるでしょう。

でも、人それぞれ個人差はあるかもしれませんが、大なり小なり必ず過去のあの出来事があったから今があると、プラスに思える時が絶対来ます。

 

あのイチロー選手もこんな風に仰ったことがありますね。

 

「過去の無駄な出来事をどれか一つでも欠けていたら、

今の自分になる事はできない。

僕はめちゃくちゃ失敗しているので、

失敗していなかったらきっと違うところにいたでしょう。」

イチロー

 

どんなに無駄だったと思えることでも、失敗だったと思えることでも、そうした経験をしたことで人としての深みが増した。

あとから思い返せば笑える出来事になった。

今の自分の人生になる事が出来た。

 

過去の捉え方なんて、後からいくらでも変えられるんです。

つまり過去は変えられる。

今の自分の捉え方次第で、あの出来事があったからと下を向くのか、あの出来事があったからと上を向くのかなんです。

 

スポンサードリンク

人生に無駄なことはない

どんな人の人生でも、無駄なことなんて一つもない。

 

そうは言っても、他人と比べてしまったり、回り道をしているんじゃないかと不安になる事もありますよね。

なかなか結果が出なくて手ごたえを感じないとか、もどかしいとか、悔しいとか、そんな感情もあるでしょう。

 

でも、やり続けていけば、必ずその先で輝く時が来る。

無駄だったなんて思うことは一つもないんです。

その一つ一つの経験が、生きるのは今すぐじゃないことなんていくらでもありますから。

 

だから無駄はとことん愛したっていい。

今の自分にとって絶対必要じゃないよなと思えるものでも、不利益が出るようなものであっても、自分自身の感情がそうしたいと望むなら、その気持ちを大事にすべき。

とことん愛して、愛そうとして、心掛ければその先に必ず笑顔になれる時が来る。

 

どれだけ悔しい思いをしても、将来に迷っても、貧乏であっても、挫折ばかりだったとしても、失恋で落ち込んだとしても、そんな経験が価値になる時が必ず来ます。

 

だから大丈夫。

前を向いて、笑顔でいきましょう!

人生は絶対、捨てたものじゃないですから。

テキストのコピーはできません。